横地 陸さんが語る「就活生の情報収集にNewsPicksを使うべき理由」とは?/NewsPicks非公式 勝手にコンフィデンシャルU25版 Vol.1

f:id:hidetoshi_h:20190308120548j:plainNewsPicksでは老若男女を問わず、様々なユーザーさんが活躍しています。しかし、コメント欄に学生を始めとするU25ユーザーはそう多くありません。

 

若者ならではの視点や価値観、学校での勉強を活かした知見など、U25ユーザーが活躍できる余地はたくさんあるはず。
U25ユーザーの可能性を信じ続ける「NewsPicks非公式 勝手にコンフィデンシャルU25版」の第1弾で登場していただくのは横地 陸さんです。

newspicks.com

私にとって「NewsPicksの学生ユーザー」の筆頭格のような存在。若者のキャリアや大学教育に鋭い視点で切り込むコメントやnote記事は必見です。 

なぜNewsPicksを始めたんですか?

――横地さんと言えば就職活動やキャリアへのコメントが多い印象です。そんな横地さんがNewsPicksを始めたきっかけはいったい何だったんですか?

横地: たまたまFacebookで見つけて、就職活動を見据えて始めました。大学2年生の3月頃だったので、2017年3月ですね。

――ずいぶん早い時期から就職活動を見据えていたんですね。

ベンチャー企業の選考活動は早いので、それを見据えてのものでした。

――将来設計が早い印象ですが、大学選びもベンチャー企業での活動を考えてのものだったんでしょうか。

いや、正直に言うと何も考えていませんでした。経済学部の国際経済学科ですが、なんとなく「グローバルの時代だから」という理由だけで選びました。

――意外とふんわりとした理由だったんですね……。

f:id:hidetoshi_h:20190308120104j:plain

横地 陸(よこち・りく) 1996年12月23日生まれ。東洋大学経済学部国際経済学科在学。都内で学生向けキャリアイベントを主催のほか、noteで記事を発信し続けている。2019年4月よりコンサルティングベンチャーに勤務予定。

学業はもちろん、活動の幅を広げた大学4年間

――noteではキャリア関連のイベントを主催されていると思いますが、普段はどんな活動をされているか教えてください。

学業のほか、イベントの主催と、この4月から就職する内定先でのインターンです。業務としては主に、20卒・21卒の採用と社内システム導入に関連した仕事をしています。

――内定先はベンチャーコンサルティング会社とのことですが、なぜその会社を選ばれたんでしょうか。

理由はいくつかありますが、1つは「企業の成長フェーズ」です。内定先はちょうど僕が新卒2期目という若い会社です。組織も事業も成長していくタイミングにあって、新卒が「共創」できる点に惹かれました。また、社長と同じフロアで仕事ができたり、これから入ってくる後輩のマネジメントができたりするというのも魅力に感じました。また「社内の人々」ももう一つの理由です。何年一緒に働いていても学び尽くせないような先輩たちから刺激を受けながら仕事できそうだ、ということで内定を得ていた4社から今の内定先にしました。

――では、就職されてからはどんなことに取り組みたいとお考えでしょうか。

実は具体的な中長期ビジョンはないんです。ただ、やりたいことが見つかったときに実行できるリソースは養っておきたいですね。そのために、例えば資料作成のスキルやクライアントへの提案力の向上は課題ですし、ファイナンス面への理解を深めたり、IT系のスキルや感覚を高めなければならないと思います。

――就職されてからもNewsPicksは続けるのでしょうか。

その予定でいます。「この年齢まで使う!」「この年齢になったら使わない!」と期限を決めているわけではありません。ただ、NewsPicksだけを使うというわけではなく、日経やプレジデントといった新聞や雑誌、あるいはサイトやアプリなども併用して、バランス良く情報を仕入れたいと思っています。

――ということは横地さんの鋭いコメントは今後も続くということですね! f:id:hidetoshi_h:20190308120444j:plain

NewsPicksでの活動ポリシー

――就職活動やキャリア関連の記事ではエッジの効いたコメントが目立つ横地さんですが、普段のコメントで心掛けられていることはありますか?

うーん、特に「コメント・ポリシー」のようなものはなく、コアにあるのは情報収集としての用法です。ただ、就職活動や教育、若者世代の話題など、僕が今まで経験していて意見を持てる記事や身近な話題についてはすぐにアウトプットするようにしています。一方で、経験が乏しいトピックには表面的なコメントしかできないのでインプットに留まってしまいます。

――NewsPicksでの印象的な出来事はありますか?

「出来事」というと特にはありませんが、やっぱりNewsPicksは利便性が高いですね。「1分解説」「3分解説」やインフォグラフィックのような、ビジネスに詳しくなくてもアレルギー反応なく親しみやすいコンテンツが多いので、特に「はたらく」ことについて何も知らない学生がゼロから知識を得ていく際に情報を集めやすいメディアだと思います。しかも、スマートフォンを持つ片手で読めるというのは大きいです。学校では「紙で日経新聞を読め!」と言われることも多いですが、通学時間に満員電車で新聞を読むのは物理的に不可能ですよね。

――NewsPicksで印象に残っている記事があれば教えてください。

この『「下流大学は門前払い」インターンの実態(PRESIDENT Online)』です。初めてNewsPicksで得た「いいね」の数が100を越えた記事がこれでした。

newspicks.com

あとはセルフピックですが、『キャリア支援をしている学生に一言申したい(note)』です。自分の意見をアウトプットしたり発信したりすることを、4年生になったタイミングで考えていました「炎上したり、批判コメントで溢れたらどうしよう」など思っていたのですが、嬉しいことに同じ意見や共感のコメントもたくさんいただき、その後の就活イベントを、自信持って企画するきっかけにもなりましたね。

newspicks.com

――では、NewsPicksで印象に残っているコメントも教えてください。

実は『経団連、就活指針廃止を正式決定 現大学3年生が最後(共同通信)』での堀口さんのコメントです。

newspicks.com

――えっ、まさか私に忖度しています!?(笑)

いやいや、そうじゃないです(笑)。この約1,000文字ものコメント、もはやレポートか小論文ですよね。ここまで自分の意見を長く書けるのは純粋に凄いと思います。

――まさかの展開、ありがとうございます。それでは最後に、他のユーザーさんへメッセージがありましたらお願いします。

NewsPicksは「常にアンテナを張っている人」が集まるコミュニティで、特に学生だと「NewsPicksを利用している」だけでマイノリティであり、そしてNewsPicksの価値は「SNSのように、手軽にピックやコメントをできる」ことだと思っています。したがって、学生が価値のない記事やコメントを書いていたとしても、寛大にスルーしていただければと思います。

また、学生ユーザーに伝えたいこととして、「プロピッカーのような『結果を残した人』の記事やコメントは、スポーツの試合で言うところの『ハイライト』である」ということです。どんなに大きな実績も、そこに至るまでには必ず「道のり」となる雑務もあったはず。NewsPicksや落合陽一さんに影響されすぎて、その「雑務」的な努力をスキップして仕事をしようとする学生が最近のベンチャー企業志望者を中心に散見されるような気がします。

NewsPicksは「分かる」ことをサポートしてくれるサービスであって、「分かる」と「実戦できる」は違います。それに、あくまで「一つのツール」です。くれぐれも「NewsPicks至上主義」に陥らないようにして欲しいです。実際にはNewsPicksに変調せず、日経やTechCrunch Japanのような、レイヤーや領域が異なるメディアも覗いて多様なインプットが求められます。また、インプットに留まらずアウトプットにも挑戦して、「ロマンとそろばん」のロマンに振り切ってみるのも一興かもしれません。

 

横地さんオススメのユーザーさん

安東 暁史さん: 「ピックされている記事はもちろん、コメントが本当に参考になります」

Arai Kaoruさん: 「網羅的なコメントが特徴です。極端な話ですが、プロフィール欄からコメントを遡って読んでいくだけでも勉強になります」

佐藤 沙弥さん: 「Araiさんと同様、プロフィール欄から遡れるコメントが本当に勉強になります」

松本 洋介さん: 「キャリアや『はたらく』ことへのコメントに学びが多いです」

伊藤 智之さん: 「『きれいなジャイアン』のアイコンから出る、一撃で記事をばっさり切るコメントはいつも参考にさせていただいてます」